インフォメーション

HOME予防接種についてのお知らせ

予防接種のご案内

Hib(ヒブ)ワクチンについて

2008年暮れからようやく日本で始まったワクチンです。

インフルエンザ菌b型(Hib)による小児の重篤な感染症(髄膜炎・菌血症・喉頭蓋炎・肺炎)を予防する大変有効なワクチンです。
Hibは 毎年流行するインフルエンザウイルスとは全く違う病原体です。

当院ではHibワクチン接種を受け付けています。

   Hib 感染症

*接種対象年齢:生後2ヶ月〜5歳未満

(四種混合や肺炎球菌ワクチンと同時接種できます。)

*接種回数:生後2ヶ月〜6ヶ月:4回

     生後7ヶ月〜11ヶ月:3回

     1歳以上:1回

費用:無料

*接種日時(予約制) :月曜・金曜:15:00〜15:15

          火曜・木曜・土曜:14:00〜15:00

乳幼児健診(予約制)と合わせて接種できます。

2013.4.1更新
佳久こどもクリニック

小児用肺炎球菌ワクチンについて

2010年2月から ようやく日本で始まったワクチンです。

肺炎球菌による小児の重篤な感染症(髄膜炎・菌血症・肺炎)や中耳炎などを予防する大変有効なワクチンです。

当院では肺炎球菌ワクチン接種を受け付けています。

   子どもと肺炎球菌.jp

*接種対象年齢:生後2ヶ月〜6歳未満まで

(四種混合やヒブワクチンと同時接種できます。)

*接種回数:生後2ヶ月〜6ヶ月:4回

      生後7ヶ月〜11ヶ月:3回

      1歳:2回

      2歳以上:1回

費用:生後2ヶ月〜5歳未満の方は無料です。

 6歳未満の方は自費で受けることができます。

*接種日時(予約制) :月曜・金曜:15:00〜15:15

      火曜・木曜・土曜:14:00〜15:00

乳幼児健診(予約制)と合わせて接種できます。

2013.4.1更新
佳久こどもクリニック

子宮頸がん予防ワクチンについて

2009年暮れからようやく日本で始まったワクチンです。

子宮頸がんの主要原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防する 大変有効なワクチンです。

ワクチンを接種した後も 予防しきれなかった病変(前がん病変)の早期発見・治療のため、20歳を過ぎたら定期的に子宮頸がん検診をおすすめします。

当院では子宮頸がん予防ワクチン接種を受け付けています。

   しきゅう のお知らせ(サーバリックス) 

   もっと守ろう.jp(ガーダシル) 

*接種回数:3回

*接種対象年齢:10歳以上の女性

費用:小学校6年生〜高校1年生の女性は無料です。

    接種対象年齢外の方でも自費で受けることができます。

*接種日時(予約制):月曜・金曜:15:00〜15:15

         火曜・木曜・土曜:14:00〜15:00

一般診療時間内(要予約)でも接種できます。

2013.4.1更新
佳久こどもクリニック

日本脳炎ワクチンについて

2005年に厚生労働省が日本脳炎ワクチンに対する定期接種を事実上中止して以来、未接種の小児が増え日本脳炎発症者の増加が懸念されています。
日本脳炎は 豚に感染した日本脳炎ウイルスが蚊を介して人に感染します。
決して撲滅したものではありません。また「脳炎」に対する確立した治療方法はなく、致死率や後遺症の確率が高いため、ワクチンによる予防が唯一有効です。

厚生労働省は2009年2月から1期対象者に、2010年9月から2期対象者にも新しい日本脳炎ワクチンによる定期接種(無料)が認められました。
日本脳炎ワクチンを一度も受けていない3歳以上の方や 途中で接種が止まっている方は 母子手帳を持参の上 区役所(福祉保険センター健康づくり係)にご相談ください。

*接種回数・接種対象年齢:
1期 3回(推奨年齢:3歳〜7歳6ヶ月未満)
2期 1回(推奨年齢:9歳〜13歳未満)

〜日本脳炎ワクチン定期接種中止により推奨年齢内に1期3回・2期1回を接種できなかった方への救済措置について〜

平成8年4月2日〜平成19年4月1日生まれの方は上記推奨年齢以外に
1期:7歳6ヶ月〜9歳未満と 13歳以上〜20歳未満まで
2期:13歳〜20歳未満まで
救済措置として公費(無料)で接種できます。

接種当日は1期・2期ともに横浜市発行の水色の予診票(接種券)が必要です。ない方は区役所(福祉保健センター健康づくり係)でもらうか、当院にも置いています。

接種推奨年齢を過ぎると自費接種になりますのでご注意ください。

2016.4.1 更新
佳久こどもクリニック

麻疹・風疹ワクチン(MRワクチン)について

麻疹(はしか)は大変感染力が強く、高熱や発疹 咳 鼻水 目やに 中耳炎など症状も重く、肺炎、脳炎、亜急性硬化性全脳炎といった生命に関わる重い合併症になることがあります。

近年、乳幼児の麻疹(はしか)発症は2回のワクチン(1期と2期)の効果もあり減少傾向にあります。しかし高校生や大学生、成人の麻疹発症者が増加しており社会問題となっています。

幼児期に麻疹ワクチンを接種していなかった方、麻疹にかかったことがない方だけではなく、麻疹ワクチンを接種したにもかかわらず、麻疹にかかった方もいます。これは周囲に麻疹患者が減少したため体の中にある麻疹の抗体(免疫)が活性化される(ブースター効果)機会が減り年齢とも共に麻疹抗体が減少したためです。よって一定期間ごとにワクチンを接種することで麻疹抗体(免疫)を活性化させなくてはなりません。

風疹(三日ばしか)は麻疹と比べて感染力は弱く、3日前後の微熱・発疹・耳介や後頸部リンパ節が腫れる程度ですが、関節炎や稀に血小板減少性紫斑病や脳炎といった重い合併症になることがあります。また、風疹の抗体を持たないまま大人になった女性が妊娠中に風疹に罹患すると、胎児が先天性風疹症候群(心臓奇形 白内障 難聴)になる恐れがあります。

いずれも特効薬がないため、ワクチンによる予防が唯一有効です。
日本では麻疹・風疹ワクチンを1歳児(1期)と小学校入学前の1年間(2期)を対象に定期接種を行った結果、幼児・学童では麻疹・風疹の発生が激減し予防効果が現れています。


*接種回数:2回

*接種対象年齢
  1期:1歳児
  2期:小学校入学前の1年間 

(水痘ワクチンやおたふくかぜワクチンと同時接種できます。)

接種費用:無料

   定期接種対象外の方でも自費で接種できます。

*接種日時(予約制) :月曜・金曜:15:00〜15:15

        火曜・木曜・土曜:14:00〜15:00

 一般診療時間内(要予約)でも接種できます。

〜風疹ワクチン接種を希望の方へ〜

  風疹ワクチンが不足しています。
当院では麻疹(はしか)も一緒に予防できる、麻疹・風疹(MR)混合ワクチン接種をおすすめします。


佳久こどもクリニック

インフルエンザワクチンについて

現在 インフルエンザワクチン供給不足のための受付を一時中止しています。

*接種期間: 2017年10月2日〜12月28日

*対象年齢:生後6ヶ月から全年齢

*接種回数:生後6ヶ月〜13歳未満 2回 / 13歳以上 1回または2回

*接種費用:自費

*接種日時(予約制) : 月曜・金曜:15:00〜15:15

       火曜・木曜・土曜の14:00〜15:00

当院ではお子さまのみの接種となります。
但し1歳未満の乳児がいる家族に限りご両親にも接種いたします。

2017.9.1更新
佳久こどもクリニック

ロタウイルスワクチンについて

2011年11月から1価ロタウイルスワクチン(ロタリックス)、2012年7月から5価ロタウイルスワクチン(ロタテック)が始まりました。いずれも飲むワクチンです。

ロタウイルスは感染力が強くほとんどの乳幼児にかかる感染性胃腸炎の原因のひとつで、保育園や学校、高齢者施設などで集団感染を引き起こします。乳幼児は重症化(脱水)しやすく入院になることがあります。

根本的な治療法はありません。ワクチンでロタウイルス感染による胃腸炎発症の予防 及び 発症後の重症化(脱水・脳症)を防ぎます。

WHO(世界保健機関)が接種を推奨し、予防効果が現れています。

*接種年齢及び接種回数:

  1価 ロタリックス: 生後6週から24週までに1ヵ月間隔で2回

  5価 ロタテック: 生後6週から32週までに1ヶ月間隔で3回

通常は生後2か月から開始します。

その他のワクチンと同時接種をおすすめします。

効果は同じなので当院では5価ロタウイルスワクチン(ロタテック)接種になります。

*接種費用:自費

 ロタウイルス感染症(ロタウイルス胃腸炎)について

B型肝炎ワクチンについて

〜もうひとつの「がん予防ワクチン」〜

B型肝炎ウイルス(HBV)に感染し将来引き起こす様々な病気(B型肝炎・慢性肝炎・肝硬変・肝臓がん)から守るワクチンです。

HBVはHBVを長期間保持する人(持続感染=HBVキャリア)の血液や精液・汗・唾液・涙・尿などの体液を介して感染します。

WHO(世界保健機関)が 世界中の全ての子どもたちが生後すぐに接種するよう勧告、予防効果が現れています。年齢問わず接種できます。

2016年10月1日から 0歳児(1歳未満)を対象に定期接種になりました。

*接種対象年齢:2016年4月1日以降に生まれた0歳(1歳未満)の乳児

(横浜市には特例措置あり)

*接種回数:3回

 1回目:生後2か月  2回目:生後3か月  3回目:生後7か月〜生後8か月

その他のワクチンと同時接種をおすすめします。

*接種費用:無料

定期接種対象外の方も自費で接種できます。

「赤ちゃんのB型肝炎ワクチン」について

このページのトップへ